SKILL CentOS Apache

【Apache】access_logをXFF対応にする方法

投稿日:

ApacheのログフォーマットをXFFに対応させるための方法です。

スポンサーリンク


Apache(httpd.conf)へXFF対応ログフォーマットの設定を追記。

Apacheの定義ファイル[httpd.conf]を編集します。

≫LogFormatを追加

↓通常のログフォーマット定義の直下に・・・
LogFormat "%h %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined

↓こんな感じでXFF対応のログフォーマットを追記(末尾のログフォーマット名は任意)
※サーバ全体に適用する場合を除き、追記をすること。
LogFormat "%{X-Forwarded-For}i %l %u %t \"%r\" %>s %b \"%{Referer}i\" \"%{User-Agent}i\"" combined2

※定義の末尾の名称は好きな名称で良い。上記例だと、[combined2]となる。

------------------------------------------------------------------------
【2】ログ設定変更
------------------------------------------------------------------------
[CustomLog]のログ設定を変更します。

CustomLog /var/logs/access_log combined

CustomLog /var/logs/access_log combined2

※手順【1】で指定したフォーマットの名称に変更する。
※ログの場所は環境によって異なると思うので適宜読み替え。必要なのは末尾の[conbined2]のところだけです。

------------------------------------------------------------------------
【3】Apache再起動
------------------------------------------------------------------------
/usr/local/apache2/bin/apachectl configtest
/etc/init.d/httpd stop ; ps -ef | grep httpd | grep -v httpd
/etc/init.d/httpd start ; ps -ef | grep httpd | grep -v httpd

-SKILL, CentOS, Apache
-,

Copyright© SCRAMBLE , 2019 All Rights Reserved.