SKILL

≪Windows10≫ 別のユーザーとしてプログラムを実行する方法

投稿日:

Windows環境下にて、ログインユーザーと異なるユーザーでプログラムを実行させたい時があります。
いちいちログオフ・ログオンしなおして作業をして、またユーザーを切替・・・なんてめんどくさいですよね。

本記事では、Windows10環境下でログオフ・ログオンをしなおすことなく、別のユーザーとしてプログラムを実行する方法を記載します。

スポンサーリンク


別ユーザーでプログラムを実行する方法

やりかたは非常にシンプルです。
別のユーザーとして実行したいプログラムを選び、Shiftキー+右クリックすると、「その他」のメニューに「別のユーザーとして実行」が表示されるのでこれをクリックするだけです。

Windowsセキュリティのダイアログが表示されるので、あとは実行したいユーザーでログインするだけです。

別のユーザーとして実行のメニューが表示されない場合

Shiftキー+右クリックで「別のユーザーとして実行」のメニューが表示されない場合はレジストリを編集する必要があります。

まずはレジストリが編集画面を開きましょう。
「ファイル名を指定して実行」を開きます。

ファイル名を指定して実行に「regedit」と入力して実行します。

regedit

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示され、変更を加えますか?と表示された場合は「はい」を押して作業を続けます。
表示されたレジストリの画面より、下記のパスを開きます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windows\Explorer

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Windowsの下に「Explorer」が存在しない場合は、空白部分で右クリック→「キー」を選択して「Explorer」を作成します。

画面左側のツリーからExplorerを選択して、空白部分で右クリック→「DWORD」を選択。

「ShowRunAsDifferentUserInStart」を新規に作成、データを「1」に設定します。

最後に、PCを再起動すればメニューに表示されるようになります。

-SKILL
-

Copyright© SCRAMBLE , 2019 All Rights Reserved.