生活の知恵 LIFESTYLE

≪生活の知恵≫高年齢で広まりつつある『年賀以上じまい』とは

投稿日:

60歳以上の方に『年賀以上じまい』というものが広まっているみたいです。
その名の通り、年賀状を義理で送りあうのはもう止めようという動きで、いわゆる終活の一つらしいです。

よく会う人も、年賀状だけの付き合いになった人も含め、自分のライフスタイルを整理したいという動きがひろまっていて、来年から不要ですよというあいさつ文を入れて送るらしいです。

年賀状じまいの文面の見本としては

誠に勝手ながら本年を持ちまして新年の挨拶状を最後とさせていただきます。
今後とも変わらぬおつきあいをお願い申し上げるとともに、皆さまのご健康とご繁栄を心からお祈りいたします

という言葉をいれます。

前文で年賀状を以後送りません、と宣言しつつ今後は変わらず仲良くしたいというアピールをするようです。

自分の生きた時間、これからの時間を大切に生きる為の終活。

年賀状の作成でいちいち頭を悩ませたり時間を取られるより、身近な人や親しい人ときちんと時間を取りたいという気持ちが込められているようです。

-生活の知恵, LIFESTYLE

Copyright© SCRAMBLE , 2019 All Rights Reserved.