生活の知恵 LIFESTYLE

≪生活の知恵≫最近話題の副業ならぬ”複”業!20万円の壁

更新日:

最近、働き方の改革で副業を認める会社が増えているそうです。
なんと、あるデータでは約半数の会社が副業を認めているそうです。

副業といってもケースはさまざまで
・空き時間で趣味としてやるブログ、アフィリエイト、投資、アプリでの販売
・仕事が終わった後(前)でやるバイト

ほかにも色々なケースがあります。

空き時間に気軽にできる仕事ならまだしも、肉体労働だと業務時間外に過労死なんてことも。
だから、仕事をしていない時間は体を休めてもらうという理由で副業を禁止しているところもあります。

スポンサーリンク


確定申告は20万円以上!

さて、副業ですが基本的にいくら稼いだら確定申告告しなければならないのでしょうか?
ちょっと調べれば出てきますが簡単にいうと20万円です

もちろん、取得価格は経費として差し引きます。
フリマアプリで服を20万円分売ったとしても、買ったときに40万円かかっていれば申告の義務はありません。
手数料、送料もかかるのでそれも経費として考えます。

家のものをガンガン売ってしまっても、手数料と送料を考えればそこまで超えることはありません。
100万売り上げたとしても、120万円使っていれば申告の義務はありません。

要注意!同じものを売り続けてはいけない

ただし、ここで注意してもらいたい事があります。
個人事業主や会社であれば問題ありませんが、同じ品物を売り続けるのは”業者”にあたると法で定められています。
なので、例えば全く同じフィギュアを3個買って3回に分けて売ったら、業者とみなされることがあります。

もちろん、それで訴えられるケースはかなり稀ですが法律上はグレーどころかNGです。

同じグッズやフィギュアなどは1つで十分、と普通の人は考えます。
個人事業として届け出ていないのであれば、個人使用として認められる範囲での購入と販売をしないといけません。

こんなに種類がある、副業で稼ぐ税金の一覧

税金を納めないとダメなものは一体なにがあるんでしょうか。

・雑所得・・・・ライター、電子書籍、原稿料、講演料など
・退職所得・・・退職金の所得
・山林所得・・・山林を譲渡した場合の所得
・譲渡所得・・・建物、土地などを譲渡した場合の所得
・一時所得・・・生命保険など一時的にもらう所得
・配当所得・・・株、投資系の所得
・給与所得・・・一般的な給与、ボーナスの所得
・利子所得・・・銀行に預けてる預金にかかる利子の所得
・不動産所得・・・不動産、土地、建物を賃貸した場合の所得
・事業所得・・・事業所から発生する所得

結構色々あります。
アフィリエイト、転売など雑所得なら20万円以下で納税義務はありません。
ライターなどの仕事もできますが、超えてしまった場合は要注意!なぜなら・・・

副業のはずが、半分近く税金でもってかれることもある

本来のサラリーマン業務をやっていると仮定してみましょう。
当然ですが所得があがれば、あがるほど税金もあがります。
そして、なんと日本の最高税率は45パーセント!
さらにここに住民税10パーセントが課税されて55パーセント!

半分ももっていかれるなら、副業の意味がなくなりそうです。
稼いでいる人からたくさん持っていく、というのはわかりますがこれでは確かに給料が高くても幸福度は下がりそう。。。

-生活の知恵, LIFESTYLE
-

Copyright© SCRAMBLE , 2019 All Rights Reserved.