LIFESTYLE おでかけ LEGO LEGO(その他)

≪おでかけ≫小学一年生息子とレゴランドに行ってきたレポート(アトラクション編)

更新日:

今回はレゴランドに行ってきたレポート、アトラクション編です!

レゴランド全般の記事はこちら↓で総集編としてご紹介してます。

≪おでかけ≫小学一年生息子とレゴランドに行ってきたレポート(総集編)

先日、平日に休みが取れたので小学一年生の息子とレゴランドに行ってきました! 色んな意味で巷で話題によくあがるレゴランド・・・ ネタなのか、本当なのか、それにしても良くない噂も多く聞きますが、 果たして ...

スポンサーリンク


シチュエーション

今回レゴランドに訪れたシチュエーション。

時期 2017年6月中旬
時間 平日(月曜日) 9時00分ごろ現地着

(※オープンは10時から)

当日の気温 日中最高気温30度
人数 大人2人、子供1人
子供の年齢 小学1年生

アトラクションの身長制限

アトラクションの話題に移る前に。

公式HP(【レゴランド公式】アトラクション身長制限一覧)にも記載されていますが、

105cm以上あれば全ての乗り物が乗れ、130cm以下であれば一部親の付き添いが必要です。

(※2017年6月時点)

ランド内で最初にアトラクションに乗る際は、係り員によって身長の確認が行われます。

身長がクリアできていれば、こんな感じに手にスタンプが押されます。

あとは、アトラクションに乗るたび身長をチェックしなくても、

このスタンプを見せれば乗ることができるので楽ちんです。

大はしゃぎ間違いなし、おススメのアトラクション

スプラッシュ・バトル

記事内でも紹介していますが、個人的に一押しはスプラッシュ・バトルです!

スプラッシュ・バトル【レゴランド公式】スプラッシュ・バトル紹介ページ

同じアトラクションを楽しんでいる他の方と水鉄砲バトルができる一風変わったアトラクションです。

アトラクションの外にもビュンビュン水鉄砲を撃てちゃいます。

べっちゃべちゃに濡れますが、夏場の暑い時期はかえってちょうど良いかも!?

どうしても気になる方は、水濡れ防止対策をしていくとより楽しめそう。

ちなみに、アトラクションを出たところにはドライヤー(※有料)があったりします。

夏場ならすぐに乾いちゃうので、特にいらないかな?

レスキュー・アカデミー

【レゴランド公式】レスキュー・アカデミー紹介ページ

出典:レゴランド公式

家族でお出かけしたからには、家族で楽しめるアトラクションが大事ですね!

このレスキュー・アカデミーは、チームプレーで燃えるビルの消火活動を行うアトラクションです。

ちょうど、運動会の親子競争のようなイメージで、他の家族とも競争しながら、

連携プレーが求められるというファミリー向けなアトラクションです。

実際に放水することもできるので子供も大はしゃぎでした。

ちょっと体力を使うので、後半に乗るとしんどいかもしれません(笑

休憩しながら楽しめる、おススメのアトラクション

暑い時期は特にそうだとおもいますが、一日中歩きっぱなしでは疲れますよね。

そこで、ちょっと休憩がてら、座りながらでも十分楽しめるアトラクションをご紹介します。

オブザベーション・タワー

レゴランドの真ん中にそびえたつ、高い高いタワー型のアトラクション。

【レゴランド公式】オブザベーション・タワー紹介ページ

こんな感じのレゴらしいポップなカラーのタワーです。

頂上は、高さ50メートルに達するそうです。

観覧車のようにゆっくりと360度回転しながら頂上に行き、そこから戻ってくるという、

非常にシンプルなアトラクションです。

並ぶ場所もしっかりと日よけのテントと、扇風機がついていますし、

アトラクション内部もクーラーが設置されているので涼みながら、座りながら楽しめます。

レゴランドだけではなく、周辺の状況もぐるりと見渡せるので、ちょっとした休憩にはおススメです。

ちなみにこの日はこんな混雑状況でした。↓レゴランド入口。

こちら↓はミニランド。色んな建物がいっぱいです。

サブマリン・アドベンチャー

個人的に一押しなのが、こちらのアトラクション。

テレビなどでも度々取り上げられていましたが、

潜水艦に乗って、本物の魚が泳いでいる水槽を探検できるアトラクションです。

【レゴランド公式】サブマリン・アドベンチャー紹介ページ

潜水艦の窓から外をみるとそこはもう水族館。

少し進んでいくと、レゴの世界観もしっかりとあります。

レゴでできている遺跡があり、そのまわりにはなんと1メートルほどのサメ!!!

その先には、レゴでできたポセイドンが登場!

台座まで全部レゴ!すごい・・・

 

アトラクションを降りた先にも、ちょっとした遊びスペースがあり・・・

魚と一緒に記念撮影できるスポットもあります。

水中探索なので、ばっちり日差しも避けられますし、中はずっと座っていられる。

それでいて、見ごたえばっちりで子供も大満足の満点アトラクションです!

アトラクション以外の遊び

レゴランドには、アトラクション以外にもちょっとした小物が多数用意されており、

アトラクションだけではなく色々と楽しめる工夫がされています。

例えば・・・ミニフィギュアシリーズ好きな方なら結構面白いんじゃないでしょうか。

着ぐるみシリーズを体験できちゃうこんなものだったり~

パイレーツ・ショアエリアには、海賊船の遊具があったりします。

この遊具には水鉄砲が装備されており、

スプラッシュ・バトル【レゴランド公式】スプラッシュ・バトル紹介ページという、

アトラクションとの対決もできちゃいます。

滑り台もついてたりするので、アトラクション以外でも十分に楽しめます。

むしろ油断していると、子供は勝手にこんなところで遊び始めちゃうので、

もったいないからアトラクション乗るよ!とせかしたりすることになるかも(笑

ほかにも、レゴ・シティエリアなどには動きはしませんが、

こんな感じの乗り物がちょこちょこ置いてあって、絶好の撮影スポットにもなってます。

他にも紹介しきれないほど沢山ありましたので、色々探してみてくださいね!

-LIFESTYLE, おでかけ, LEGO, LEGO(その他)

Copyright© SCRAMBLE , 2019 All Rights Reserved.